マウス、6コアRyzen5 3500搭載で安価にRAW現像/写真編集「DAIV 5D-R5」 

マウスコンピューターは、「DAIV 5D-R5」を発売します。
icon icon
DAIV 5D-R5 icon
(15.6型・Ryzen5・GeForce GTX1660Ti)
特徴
・高い演算処理性能、デスクトップPC向けAMD Ryzenプロセッサーを搭載
・NTSC比約72%(sRGB比換算約102%相当)、広色域液晶パネルを採用
・従来製品比、約4.7倍の大幅向上、GeForce GTX1660Tiを搭載
・外部3画面4K出力や、本体の画面と合わせて4画面出力に対応
・本体両側面に、各種デバイスを効率よく配置
・こだわりのキーボード、タッチパッドを採用

レビュー
「DAIV 5D-R5」は、CPU性能が重要な「RAW現像/写真編集向け」モデルで、デスクトップPC向けRyzen5を搭載します。

「Ryzen5 3500」では、上位Ryzen7に対し、価格が安い分、非力とは言え
第9世代Core i5以上の性能、優れた電力効率、安価な価格を魅力とします。

CPU性能比較(Cinebench R20 マルチ/シングルスレッド)
第3世代Ryzen7 3700X 8コア16スレッド/3.6-4.4GHz:4733/483
第3世代Ryzen5 3500 6コア6スレッド/3.6-4.1GHz:2480/449
第9世代Core i5-9400 6コア6スレッド/2.9-4.1GHz:2394/429
※マウス調べ

新モデルでは
「第9世代Core i5」→『第3世代Ryzen5』への刷新により、価格面など含め、全面的に向上します。

グラフィックスは、ローエンド「GeForce MX250」→ミドルレンジ「GeForce GTX1660Ti」への刷新により、約4.7倍のグラフィックス性能向上を実現します。

詳細・購入はこちら
DAIV 5D-R5 icon
(15.6型・Ryzen5・GeForce GTX1660Ti)