マウス、4K動画編集向け4K有機ELパネル搭載クリエイターノート「DAIV 5N-OLED」 

マウスコンピューターは、「DAIV 5N-OLED」を発売します。
icon icon
DAIV 5N-OLED icon
(15.6型4K有機EL・第10世代Core・GeForce RTX2060)
特徴
・ピクセル単位で発光、4K-UHD有機ELパネルを採用
・白黒メリハリのある高コントラスト、Windows10のHDR機能にも対応
・最先端の8コアプロセッサー、第10世代Core i7-10875Hを搭載
・4Kの映像処理にも対応、GeForce RTX2060を搭載
・高速インターフェースUSB3.1 / Thunderbolt 3を搭載
・超高速ストレージ PCIE-Gen3接続のSSDを搭載可能

レビュー
「DAIV 5N-OLED」は、高画素・高画質の画像処理を行うクリエイター向けとなり、4K有機ELパネルを最大の魅力とします。
自然発光の有機ELでは、バックライトの液晶パネルでは不可能な、完全な黒を表現します。

「Core i7-10875H」は、8コア16スレッド・1コア時最大5.1GHzとなり、
6コア12スレッドの前世代から、動画像編集での高速化を実現します。

CPU性能比較(Cinebench R20 マルチ/シングルスレッド)
第10世代Core i7-10875H 8コア16スレッド/2.3-5.1GHz:3600/490
第9世代Core i7-9750H 6コア12スレッド/2.6-4.5GHz:2600/440
(2017年)Core i7-7700HQ 4コア8スレッド/2.8-3.8GHz:1700/390

「GeForce RTX2060」では、消費電力や発熱量を抑えつつ、高い描画性能を実現。
4K映像処理にも、対応します。

GPU性能比較(3DMark Time Spy Graphics)
GeForce RTX2070:7700
GeForce RTX20606200
GeForce GTX1660Ti:5600
(2014年)GeForce GTX980M:2800
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

新モデルでは
CPUを、2020年4月発表「第10世代Core H」に刷新です。
モバイル向けCore i7初の「8コア16スレッド」となり、クリエイティブ用途で重要なマルチコア性能が、大幅向上です。

詳細・購入はこちら
DAIV 5N-OLED icon
(15.6型4K有機EL・第10世代Core・GeForce RTX2060)