マウス、RAW現像/写真編集向けデスクトップCPU搭載クリエイターノートPC「DAIV 5D」 

マウスコンピューターは、「DAIV 5D」を発売します。
icon icon
DAIV 5D icon
(15.6型・第9世代Core・GeForce MX250)
特徴
・より優れた性能、デスクトップPC向けプロセッサーを搭載
・NTSC比約94%の広色域な液晶パネルを採用
・より滑らかに描写、GeForce MX250を搭載
・HDMIに加え、レガシー環境での利便性も高いD-Subを搭載
・本体両側面に、各種デバイスを効率よく配置
・こだわりのキーボード、タッチパッドを採用

レビュー
「DAIV 5D」は、持ち運べるノートパソコンで、CPU性能の高さを重視するクリエイター向けです。

「デスクトップPC向けCPU」なので、同クラスの「ノートPC向け」より高い性能を実現します。
デメリットとして、最大の消費電力や発熱量は、多くなります。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア/シングルコア)
第9世代Core i7-9700 8コア8スレッド/3.0-4.7GHz:1400/205
第9世代Core i5-9400 6コア6スレッド/2.9-4.1GHz:970/175
第9世代Core i7-9750H 6コア12スレッド/2.6-4.5GHz:約1180/180
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

CPU性能が重要な「RAW現像/写真編集」を想定していて、「色再現性の高い液晶パネル」も、魅力となります。

新モデルでは
CPUに、「第9世代Core」を搭載し、発売されます。

詳細・購入はこちら
DAIV 5D icon
(15.6型・第9世代Core・GeForce MX250)