2018年冬PC-2019年春PC、ドスパラ、マウスコンピューター、パソコン工房、フロンティア、ツクモ、ark MSIのノートパソコンを紹介しています。

マウス、11万円台からの17.3型大画面スタンダードノート「m-Book W875 シリーズ」

マウスコンピューターは、ノートパソコン「m-Book W875 シリーズ」を発売します。
icon icon
m-Book W シリーズ icon
(第7世代Core・GeForce GTX1050)
特徴
・ノートパソコンで最大級の17.3型液晶パネルを採用
・4K出力対応外部出力ポートを3基搭載し、最大4画面の映像出力が可能
・3Dゲームにも対応、GeForce GTX1050を搭載
・Windows 10へのログインを簡単にする、指紋センサーを標準搭載

レビュー
「m-Book W875」は、「CPU性能」が重要な動画編集や画像編集、「GPU性能」が重要な3Dゲームまで対応できる、万能大画面ノートPCです。

デジタル出力での3画面出力が可能となり、メインPC(デスクトップPC代わり)としての魅力も、大きく向上しています。

2018年春夏では、
SSDなし(HDDのみ)の訳ありとなりますが、エントリー構成は11万円台(税別)を実現しています。

詳細・購入はこちら
m-Book W シリーズ icon
(第7世代Core・GeForce GTX1050)