2018年冬PC-2019年春PC、ドスパラ、マウスコンピューター、パソコン工房、フロンティア、ツクモ、ark MSIのノートパソコンを紹介しています。

ドスパラ、画像・動画処理向けCore i7-8550U・MX150搭載クリエイターノート「raytrek VF-HEKS(2018年夏PC)」

ドスパラは、「raytrek VF-HEKS(2018年夏PC)」を発売します。

raytrek VF-HEKS
(第8世代Core・MX150モデル)
特徴
・気軽にいつでもどこでも使える、コンパクトな15インチサイズ
・Intel製最新CPU「Core i7-8550U」の安定したパワー
・最大4倍の性能を発揮、NVIDIA GeForce MX150を搭載
・大容量8GBメモリを標準搭載
・最大5Gbpsの転送速度を持つUSB3.0を搭載
・外部ディスプレイに接続、HDMI出力を搭載

低価格クリエイターノート
「raytrek VF-HEKS」は、上位モデル(Core i7-8750H・GTX1060など)に対し、快適性や作業時間では劣りますが、安価な価格を魅力とする、低価格なクリエイターノートです。

ただ、新モデルでは4コア化した「第8世代Core i7-8550U」に刷新し、従来の2コアモデルよりも、画像・動画の作業時間削減が期待できます。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチ/シングル)
第8世代Core i7-8750H 6コア12スレッド/2.2-4.1GHz:約1100/170
第8世代Core i7-8550U 4コア8スレッド/1.8-4.0GHz:約580/165
第7世代Core i7-7500U 2コア4スレッド/2.7-3.5GHz:約345/145

GPU性能比較(3DMark Fire Strike Graphics)
NVIDIA GeForce GTX1060:約11,500
NVIDIA GeForce MX150:約3,600
Intel UHD Graphics 620(i7-8550U):約1,050
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

2018年夏では
8GBメモリ、250GB SSD+1TB HDDなどの基本構成で、税込15万円以内を実現します。

詳細・購入はこちら
raytrek VF-HEKS
(第8世代Core・MX150モデル)