パソコン工房、4万円台からのCeleron N4100搭載11.6型ノート「STYLE-11HP014-C-CES(2018年冬-2019年春PC)」 

パソコン工房は、「STYLE-11HP014-C-CES(2018年冬-2019年春PC)」を発売します。
icon icon
STYLE-11HP014-C-CES icon
特徴
・コストパフォーマンスに優れる「Celeron N4100」を採用
・4K出力にも対応「Intel UHD Graphics 600」を内蔵
・メインドライブに高速動作を可能にする「SSD」を採用
・HD(1366×768ドット)の11.6型液晶ディスプレイを採用
・高速通信規格「11ac」に対応したワイヤレスLANを搭載
・外部ディスプレイに接続、HDMI端子を搭載

レビュー
「Pシリーズ」は、ネット閲覧や動画再生など日常用途を想定し、基本性能は低いが、安価を魅力とするエントリーモデルです。

「11HP014-C-CES」は、タブレットの台頭で少なくなった「11.6型液晶」搭載コンパクトノートです。

そして、CPUに最下位シリーズ「Celeron N4100」を搭載します。
動画再生支援機能や4K出力など、グラフィックス性能も強化されています。

CPU性能比較(Cinebench R15)
Core i3-8130U 2コア4スレッド/2.2-3.4GHz:約330
Celeron N4100 4コア4スレッド/1.1-2.4GHz:約200
Celeron 3865U 2コア2スレッド/1.8GHz:約140


そして、無難な「120GB SSD」、「8GBメモリ」を搭載しつつ、4万円台からを実現します。

詳細・購入はこちら
STYLE-11HP014-C-CES icon