フロンティア、10万円台前半からの第9世代Core i7-9750H・GeForce GTX1650搭載ノートパソコン「LNシリーズ(2019年PC)」 

フロンティアは、「LNシリーズ(2019年PC)」を発売します。

LNシリーズ
(第9世代Core・GeForce GTX1650)
特徴
・前世代比40%以上の高速化、GeForce GTX1650を搭載
・幅広いニーズに対応できる性能、第9世代Core i7-9750Hを搭載
・本体の液晶と合わせて、最大3画面同時出力が可能
・暗い室内でも間違えないバックライトキーボードを搭載
・高速動作のNVMe SSDを搭載可能
・2つの冷却ファンと左右側面、背面、底面の通風孔で強力に冷却

レビュー
「LNシリーズ」は、絶対性能重視「Hプロセッサー」と、PCゲームにも対応できる「GeForce GTXシリーズ」を搭載しつつ、11万円台からの低価格を魅力とする万能スペックノートPCです。

デジタル出力(HDMI、mini Display Port)による、2画面同時出力が可能で、デスクトップPC代わりとしての使用も可能です。

2019年モデルでは
CPUに、より高い動作周波数となった「第9世代Core i7-9750H」に刷新し、
第8世代Core i7-8750H比で、さらに最大10%の性能向上を実現します。

GPUも、最新Turingアーキテクチャ採用の「GeForce GTX1650」に刷新し、
前世代GeForce GTX1050比で、40%以上の性能向上を実現します。

そして、本体デザインも最新トレンド「狭額縁」を採用し、コンパクト化とデザイン性能向上を実現します。
なお、最近ノートらしく、「DVDドライブ」は非搭載です。

詳細・購入はこちら
LNシリーズ
(第9世代Core・GeForce GTX1650)

関連ページ
フロンティア 最新モデル一覧

ツクモ、10万円代からの第9世代Core i7-9750H・GeForce GTX1650搭載カジュアルゲーミングノート「G-GEAR note N1546Kシリーズ(2019年夏PC)」 

ツクモは、「G-GEAR note N1546Kシリーズ(2019年夏PC)」を発売します。

G-GEAR note N1546Kシリーズ
(第9世代Core・GeForce GTX1650モデル)
特徴
・デスクトップに引けを取らない性能、第9世代Core i7-9750Hを搭載
・PCゲームやクリエイティブ用途を快適にする、GeForce GTX1650を搭載
・さらに高速なデータ転送ができるM.2 NVMeタイプのSSD を搭載
・疲れ目やストレスを軽減する、ノングレア・フルHD液晶を搭載
・没入感を高める狭縁ベゼルの液晶モニターを採用
・美しく光る LED バックライトキーボードを採用

レビュー
「N1546K」は、10万円(税別)から購入できるカジュアルゲーミングノートです。

軽めのPCゲームに加え、動画や写真の加工・編集に加え外部ディスプレイを用意すれば、デスクトップPC代わりにもなります。

2019年夏では
2019年7月発表の新モデルでは、2018年モデル「N1545K」に対し、
CPUが、第8世代Core i7-8750H→第9世代Core i9-9750Hとなり、最大10%の性能向上です。

GPUも、GeForce GTX1050→GeForce GTX1650となり、DX11で約50%の性能向上(DX12なら2倍以上)です。

そして、狭縁ベゼルの採用により、本体のコンパクト化とデザイン性向上を実現します。

詳細・購入はこちら
G-GEAR note N1546Kシリーズ
(第9世代Core・GeForce GTX1650モデル)

関連ページ
ツクモ 最新モデル一覧

マウス、約40%以上のGPU性能向上を実現第9世代Core i7-9750H・GeForce GTX1650搭載大画面ノートパソコン「m-Book W890(2019年夏PC)」 

マウスコンピューターは、「m-Book W890(2019年夏PC)」を発売します。
icon icon
m-Book W890 icon
(第9世代Core・GeForce GTX1650)
特徴
・ハイエンドノート向け、第9世代Core i7-9750Hプロセッサーを搭載
・3Dオンラインゲームにも対応、GeForce GTX1650を搭載
・SSDの限界を超える速度、超高速NVMe SSDを搭載可能
・15.6型比、約23%広い17.3型フルHD対応液晶パネルを搭載
・約5倍の容積に大型化した 内蔵スピーカーユニットを搭載
・周囲が暗い環境でも打ちやすい「LED バックライトキーボード」を搭載

レビュー
「m-Book W890」は、ノートPCでは最大サイズとなる『17.3型液晶』を魅力(選択する上でのポイント)とする、スタンダードノートPCです。

10万円台前半から購入できるミドルクラスモデルですが、6コアCore i7-9750H・エントリーミドルGeForce GTX1650により、写真や動画の編集にも対応出来ます。

2019年夏では
6月10日発売開始となり、CPU・GPUとも最新世代に刷新。前世代モデル(i7-8750H・GTX1050)比で、最大10%のCPU性能、40%以上のGPU性能向上を実現します。

本体デザインも、最新トレンドの「ナローベゼル」を採用し、コンパクト化とデザイン性向上を実現します。

スピーカーユニットの強化、色が変えられるようになったキーボードなど、細かな改良も行われます。

詳細・購入はこちら
m-Book W890 icon
(第9世代Core・GeForce GTX1650)

関連ページ
マウス 最新モデル一覧

パソコン工房、新定番Core i7-9750H・GeForce GTX1660Ti搭載ゲーミングノート「GP75 Leopard GP75-9SD-449JP」 

パソコン工房は、「GP75 Leopard GP75-9SD-449JP」を発売します。
icon icon
GP75 Leopard GP75-9SD-449JP icon
続きを読む

ドスパラ、17型大画面×Core i7-9750H・GTX1660 Ti搭載ノートパソコン「GALLERIA GCR1660TNF」 

ドスパラは、「GALLERIA GCR1660TNF」を発売します。

GALLERIA GCR1660TNF
(第9世代Core・GeForce GTX1660Tiモデル)
続きを読む

ark、低価格な新エントリー第9世代Core i5-9300H・GeForce GTX1650Max-Q搭載ノートパソコン「GF63 9SC (GF63 9SC-083JP)」 

arkは、「GF63 9SC (GF63 9SC-083JP)」を発売します。

GF63 9SC (GF63 9SC-083JP)
(Core i5-9300H・GeForce GTX1650 Max-Q)
特徴
・3DゲームをフルHDで楽しめる、GeForce GTX1650 Max-Qを搭載
・薄さと高性能を両立する画期的なテクノロジー「GeForce Max-Q」
・「GeForce Max-Q」製品では、驚くほどの静音動作も実現
・4コア8スレッドのマルチタスクパワー「第9世代Core i5」を搭載
・発生した熱をより効率的に排出できる冷却システムを搭載
・狭額縁デザインを採用し、14型クラスの筐体に15.6型液晶を搭載

レビュー
「GF63 9SC-083JP」は、ゲーミングノートとしては低価格となる、10万円台前半からのゲーミング入門モデルです。

低価格の理由として、定番の6コア「Core i7」ではなく、4コア「Core i5」搭載です。
第9世代Core i5は、第8世代Core i5とほぼ同じ(0.1GHz向上)となり、一般的なノート向け「Uシリーズ」や、「第7世代Core以前のCore i7H」を上回る性能は、確保します。

GPUも、最新の「GTX1650 Max-Q」となり、ゲーミング向けでは最下位とはいえ、CPU内蔵グラフィックスを圧倒する性能で、軽くPCゲームも遊びたい方向けです。

そして、Max-Qデザインなので、ゲーミングノートとしては、静かな動作音や薄型コンパクト筐体を魅力とします。
なお、最近のゲーミングノートでは普通ですが、光学ドライブは非搭載です。

詳細・購入はこちら
GF63 9SC (GF63 9SC-083JP)
(Core i5-9300H・GeForce GTX1650 Max-Q)

関連ページ
ark MSIゲーミングノート 最新モデル一覧

ドスパラ、新王道スペック第9世代Core i7-9750H・GeForce GTX1660 Ti搭載ゲーミングノートパソコン「GALLERIA GCR1660TGF」 

ドスパラは、「GALLERIA GCR1660TGF」を発売します。

GALLERIA GCR1660TGF
(第9世代Core・GTX1660Tiモデル)
特徴
・最新の第9世代インテルCore i7-9750Hプロセッサーを搭載
・GPUも最新のGeForce GTX1660 Tiを搭載
・小型、かつ高速データ転送を実現するNVMe SSDを搭載
・心地よい打鍵感を実現するSteelSeries製のRGB LEDキーボードを搭載
・滑らかな映像を実現する120Hz駆動の液晶を搭載
・圧倒的な冷却性能、ツインクーラーブースト

レビュー
「GCR1660TGF」は、20万円以内で買える、王道(売れ筋)ミドルスペックモデルで、
新世代CPU & GPUに刷新し、5年程度前から飛躍的な性能向上を実現します。

第9世代Core Hも、第8世代Core(CoffeeLake)のRefresh版となり、
動作クロックの向上とL3キャッシュ増量により、6年前から2倍超の性能を実現です。

CPU性能比較(Cinebench R15)
第9世代Core i7-9750H 6コア12スレッド/2.6-4.5GHz:約1200
第8世代Core i7-8750H 6コア12スレッド/2.2-4.1GHz:約1100
(2013年)Core i7-4700HQ 4コア8スレッド/2.4-3.4GHz:約570

GTX1660Tiは、最新のTuringアーキテクチャ、GDDR6メモリなどにより、
4年前のGTX900Mから、3~4倍など、別世界の性能向上を実現出来ます。

GPU性能比較(3DMark Time Spy Graphics)
GeForce GTX1660Ti約5,500
(2016年)GeForce GTX1060:約3,500
(2015年)GeForce GTX960M:約1,200
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

標準でワンランク上の機能・性能を搭載
高速な120Hz液晶、超高速SSD、SteelSeries製キーボードなど、PCゲームであると嬉しい機能・性能を標準で搭載します。

なお、最新ノートらしく、光学ドライブ(DVDなど)は非搭載です。
また、メモリは標準で8GBですが、カスタマイズで16GBに対応します。

詳細・購入はこちら
GALLERIA GCR1660TGF
(第9世代Core・GTX1660Tiモデル)
続きを読む