ドスパラ、レンタリングも快適Core i7-8750H搭載クリエイターノート「raytrek GCF1050TNF(2018年夏PC)」 

ドスパラは、「raytrek GCF1050TNF(2018年夏PC)」を発売します。

raytrek GCF1050TNF
(第8世代Core・GTX1050Tiモデル)
特徴
・想像を超えた性能を発揮、6コア12スレッドの第8世代Core i7を搭載
・NVIDIA GeForce GTX1050Ti 2GBを搭載
・ストレスの無い稼動を実現、次世代SSDを搭載
・8GBメモリを標準搭載し、大容量16GBメモリも選択可能
・ファンを最高速に手動設定可能な「クーラーブースト」機能を搭載
・外部ディスプレイに接続、miniDisplayPort出力端子を搭載

6コアCPUに刷新したクリエイターノート
「GCF1050TNF」は、予算20万円以内を想定する、エントリーミドル「GTX1050Ti」搭載クリエイターノートです。

GPU性能比較(3DMark Fire Strike Graphics)
NVIDIA GeForce GTX1060:約11,500
NVIDIA GeForce GTX1050Ti:約7,900
Intel UHD Graphics 630 (i7-8750H):約1,100

新モデルでは、モバイル向け初の6コアCPU「Core i7-8750H」を搭載し、エンコードやレンタリングを、より快適に行えるようになっています。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチ/シングル)
第8世代Core i7-8750H 6コア12スレッド/2.2-4.1GHz:約1100/170
第7世代Core i7-7700K 4コア8スレッド/4.2-4.5GHz:約990/195
第7世代Core i7-7700HQ 4コア8スレッド/2.8-3.8GHz:約735/160
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

2018年夏では
8GBメモリ、250GB+1TB HDDの基本構成で、15万円台(+税)を実現します。

16GBメモリ、2TB HDDに強化しても、税込20万円以内となります。

詳細・購入はこちら
raytrek GCF1050TNF
(第8世代Core・GTX1050Tiモデル)