インテル、ノートPC向け次世代CPU「第8世代Core i7-8700HQ/i7-8500U(CoffeeLake/CannonLake/KabyLake-Refresh)情報」 

インテルの新世代CPU「第8世代Core」搭載ノートPCが、発売されます。
※未発売CPU情報は、正確性などは保証できないため、参考程度です。

Hプロセッサー(CoffeeLake-H)
第8世代Core i9-8950HK 6コア12スレッド?/x.x-x.x/TDP45W
第8世代Core i7-8750H 6コア12スレッド?/x.x-x.x/TDP45W
第8世代Core i5-8300H 6コア6スレッド?/x.x-x.x/TDP45W
第8世代Core i3-8300H 4コア4スレッド?/x.x-x.x/TDP45W
Core i7-8700HQではなく、Core i7-8750Hとなる可能性あり。

ハイエンドCore i9登場?
非公式情報ですが、デスクトップPC向けに続き、6コア/4コア化する可能性があり、モバイル向けにもハイエンドCPUブランド「Core i9」を採用でしょうか。

参照インテル、デスクトップPC向けハイエンドCPU「Core i9」
参照Intel 8th Generation and 9th Generation processor Lists Leaked:Coffee Lake Refresh?

発売日:2018年H1登場?
非公式情報として、2018年H1(6月まで)登場が、噂されています。

参照Coffee Lake hexa-core Core i9 mobile options rumored for H1 2018

第8世代Core H搭載PC
発売前のため、4コア/2コアとなる第7世代Core搭載パソコンの紹介です。

Gプロセッサー?(KabyLake-G?)
第8世代Core i7-8809G 4コア8スレッド/3.1-4.1GHz/Radeon/TDP100W
第8世代Core i7-8705G 4コア8スレッド/3.1-4.1GHz/Radeon/TDP66W

歴史的提携!第8世代Core Hに、AMD Radeonを内蔵
公式発表として、インテルとAMDが提携し、1パッケージに『Core Hプロセッサ+Radeon GPU+HBM2メモリ』を統合し、発売します。
1パッケージ化により、Ultrabook並の薄型ゲーミングノートを実現します。

非公式情報ですが、現行のCore i7-7700HQに対し、飛躍的なグラフィックス性能向上となり、定番PCゲームを快適にプレーできる可能性があります。

3DMark 11 Performance
Core i7-7700HQ+GTX1060:16,235
Core i7-8809G:14,127
Core i7-7700HQ+GTX1050Ti:10,723
Core i7-7700HQ:1,880
参照定番PCゲーム×GeForce GTX1050Tiベンチマークスコア
参照Rumor: Hades Canyon NUC with AMD Graphics Spotted

発売日:2018年Q1登場予定
公式発表として、Radeonモデルは、2018年Q1(1月~3月)登場予定です。
※1月のCES2018で、搭載PCの発表に期待。

第8世代Core H搭載PC
発売前のため、CPU+独立GPUとなる第7世代Core搭載パソコンの紹介です。

Uプロセッサー(KabyLake-Refresh)
CPU性能比較(Cinebench R15 マルチ/シングル)
第8世代Core i7-8550U 4コア8スレッド/1.8-4.0GHz:約550/165
第8世代Core i5-8250U 4コア8スレッド/1.6-3.4GHz:約535/145
第7世代Core i7-7500U 2コア4スレッド/2.7-3.5GHz:約340/140

コア数倍増のため、大幅性能向上
CPUのコア数が、長年の2コアから、『4コア』と倍増したため、
省電力重視CPUでも、負荷の高い動画編集などに対応できる、高性能を実現します。

発売日:2017年Q3 (8月21日)
8月21日に発表され、順次第8世代Core搭載ノートPCが、発売されていきます。

第8世代Core搭載ノートPC
icon icon
第8世代Core搭載ハイスペックノートパソコン icon
icon icon
第8世代Core搭載ゲーミングノートパソコン icon
(iiyama PC)


関連特集国内大手メーカー、第8世代Core搭載パソコン
関連特集海外メーカー、第8世代Core搭載パソコン
※海外メーカーが先行していましたが、NECや富士通からも発売開始です。

CoffeeLake-U、CannonLake-Uの動向は、不明
当初の予定から変更し、上記KabyLake-Refreshを投入していて、第9世代Coreまで動きが無いのか、Core i7-8500Uのような製品を投入するのかなど、不明です。

当初の予定では、10nm・CannonLakeを採用する予定だった模様。
プロセス微細化難航により、14nm++のCoffeeLakeも検討されていた模様。


Yプロセッサー(CannonLake-Y?)
Core i7-8Y75? 2コア4スレッド?/x.x-x.xGHz/xMBキャッシュ/TDP4.5W
Core i5-8Y54? xコアxスレッド/x.x-x.xGHz/xMBキャッシュ/TDP4.5W
Core m3-8Y30? xコアxスレッド/x.x-x.xGHz/xMBキャッシュ/TDP4.5W

Yプロセッサーは、意地でも「10nm」
10nmプロセスを採用するCannonLakeを、2017年内に発売する事を、「公式発表」していて、2-in-1 タブレットPC向け「Yプロセッサー」は、意地でも発売する予定です。

発売日:2017年末
2017年内発売を『公式発表』したため、年内発売の事実を作る模様です?
搭載製品が充実するのは、2018年Q2(4月~6月)と見られていますが、遅れる可能性、発売できない可能性多々あり。

関連ページ
日本メーカー、第8世代Core搭載パソコン
海外メーカー、第8世代Core搭載パソコン

BTOメーカー、第8世代Core搭載デスクトップパソコン