フロンティア、必要十分な第7世代Pentium 4415U搭載49800円ノートパソコン「NLKシリーズ」 


NLKシリーズ
(第7世代Core搭載スタンダードノートPC)
特徴
・14nm+プロセス採用、モバイル用第7世代CPU「KabyLake-U」を搭載
・ケーブル1本で手軽に出力、HDMIポートを搭載
・デスクトップと同じ、4列のテンキーを採用
・DVDスーパーマルチドライブを搭載

第7世代Core搭載ベーシックノート
「NLKシリーズ」は、ノートPC向けCPU「第7世代Core Uプロセッサー」を搭載する、ベーシックなノートパソコンです。

2018年夏では
Pentium 4415Uモデルは、必要十分な性能を4万円台(税抜)で実現します。
Celeron Nシリーズに対し、シングル性能が強いので、PCらしい性能を実現します。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチ/シングル)
Core i3-7100U 2コア4スレッド/2.4GHz:約255/95
Pentium 4415U 2コア4スレッド/2.3GHz:約235/90
Celeron N3450 4コア4スレッド/1.1-2.2GHz:約140/40
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

詳細・購入はこちら
NLKシリーズ
(第7世代Core搭載スタンダードノートPC)