マウス、3万円台からの4コアCeleron N3450搭載モバイルノート「m-Book C シリーズ」 

マウスコンピューターは、ノートパソコン「m-Book C シリーズ」を発売します。
icon icon
特徴
・クアッドコアCPU、インテルCeleronプロセッサーN3450を搭載
・4K高解像度出力への対応を実現、「HDグラフィックス500」を内蔵
・HDD比で圧倒的な高速アクセスを実現、SSDを標準搭載
・持ち運びに優れたA4サイズ、約 1.2kgを実現

レビュー
2017年3月発売「Cシリーズ(mbc250)」は、軽量で軽快な動作を実現するWindows 10・SSD・4GBメモリを標準搭載し、ネットやSNS、ネット動画再生などエントリーな使い方に適する、低価格モバイルノートです。

新モデルでは「Celeron N3450(Apollo Lake)」に刷新し、前モデル「Celeron N3160(Braswell)」から、着実に性能向上しています。

ノートパソコンの下位モデル性能ではなく、Atom搭載タブレットやスティックPCの上位性能(TDP6W)だと思えば、実用十分な性能に到達しています。
なお、一般的なノートPC向けとなるTDP15WクラスのCPU(Celeron 3865Uなど)に対し、シングルコア性能が低いので、重さ・遅さを感じる場合ありです。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア/シングルコア)
Pentium N4200 4コア4スレッド/1.1-2.50GHz/TDP6W:約180/50
Celeron N3450 4コア4スレッド/1.1-2.20GHz/TDP6W:約160/45
Atom x7-Z8700 4コア4スレッド/1.6-2.4GHz/SDP2W:約145/40
Celeron 3865U 2コア2スレッド/1.8GHz/TDP15W:約140/75
Atom x5-Z8500 4コア4スレッド/1.44-2.24GHz/SDP2W:約135/35

詳細・購入はこちら
m-Book C シリーズ icon
(11.6型・モバイルノート)

関連リンク
マウス 最新モデル一覧