ドスパラ、新世代超高速SSD搭載薄型ノートPC「Critea VF-HE3(2014年秋冬パソコン)」 

ドスパラは、ノートパソコン「Critea VF-HE3」を発売します。

Critea VF-HE3

Critea VF-HE3の特徴
・新世代「M.2」規格対応の128GB SSDを2基、RAID 0(ストライピング)構成で搭載
・ブルーのバックライトを搭載した、19mmピッチの打ちやすいキーボードを搭載
・高性能CPUと高性能グラフィックスを搭載しつつ、20mmのスリムな薄型ボディー
・最新ハイエンドCPU「第4世代インテルCore i7-4710HQプロセッサー」を標準搭載
・最新テクノロジーに対応、高性能グラフィックス「GeForce GTX 860M」を搭載
・安定した動作を実現できる冷却機構を、内部配置の工夫により実現

レビュー
15.6インチ液晶を搭載するノートパソコンです。

2014年9月11日発表の「Critea VF-HE3」は、新世代規格「M.2」対応の128GB SSD RAID0構成により、リード1000MB/s、ライト700MB/sを実現しています。

そして、20mmの薄型ボディーに、4コア/8スレッドが魅力となる「Core i7-4710HQ」と、ミドルハイクラス「GeForce GTX860M」を搭載します。



また、薄型・軽量ボディーながら、1TB HDD、USB3.0×3、HDMI出力、Mini-Display Port、SDカードリーダー、 1000BASE-T対応有線LANなどを、標準搭載します。
11ac対応の無線LANや、Bluetoothも標準搭載します。

ただ、「光学ドライブ」は非搭載となるため、DVDやCDを使用する場合は、外付けの光学ドライブ(別売り)が必要となります。

詳細・購入はこちら
Critea VF-HE3