ドスパラ、Core i7-8550U・GeForce MX150搭載スタンダードノートPC「Critea VF-HEKS(2018年夏PC)」 

ドスパラは、「Critea VF-HEKS」を発売します。

Critea VF-HEKS
(第8世代Core・GeForce MX150モデル)
特徴
・気軽にいつでもどこでも使える、コンパクトな15インチサイズ
・4コア8スレッドの圧倒的CPUパワー、第8世代Core i7を搭載
・最大4倍の性能を発揮、NVIDIA GeForce MX150を搭載
・長時間の使用でも目が疲れないノングレア液晶を採用
・打ちやすく、操作しやすいデスクトップのキー配列
・「11ac」に対応した、インテル製 無線LANを搭載
続きを読む

ドスパラ、9万円台から第8世代Core i7搭載ノートパソコン「Critea DX-KS F7(2018年夏PC)」 

ドスパラは、「Critea DX-KS F7」を発売します。

Critea DX-KS F7
(第8世代Core・UHDグラフィックス620モデル)
特徴
・最新第8世代「インテル Core i7-8550Uプロセッサー」を搭載
・4コア8スレッドのマルチコア、最大クロック数は4.0GHzに到達
・画面の見やすい15.6インチサイズのフルHD液晶
・目が疲れないノングレア液晶を採用
・薄型軽量のシンプルなシルバーデザイン
・バッテリー含め、約1.83kgの軽量筐体を実現
続きを読む

ドスパラ、ハイスペックCore i7-7500U・フルHD液晶搭載スタンダードノートPC「Critea DX-K F7」 

ドスパラは、ノートパソコン「Critea DX-K F7」を発売します。

Critea DX-K F7
特徴
・Intel製最新CPU「Core i7-7500U」の安定したパワー
・速度と大容量を両立、M.2 SSDと最大2TBのHDDを同時に搭載可能
・作業効率を向上、画像や映像も大迫力、15.6インチ フルHD液晶を採用
・精悍なアルミ調の天板を組み合わせた落ち着いたデザイン
続きを読む

ドスパラ、Core i7-7500U・GeForce 940MX搭載スタンダードノートPC「Critea VF-HEK」 

ドスパラは、ノートパソコン「Critea VF-HEK」を発売します。

Critea VF-HEK
(第7世代Core・GeForce 940MX搭載モデル)
特徴
・精悍なアルミ調の天板を組み合わせた落ち着いたデザインを採用
・安定したパワー、インテル第7世代Coreプロセッサーを搭載
・高速M.2 SSDと最大2TBのHDDを同時に搭載可能
・打ちやすく、操作しやすい、いつものキーボード採用
・USB2.0に加え、最大5Gbpsの転送速度を持つUSB3.0を搭載
・「11ac」対応の、インテル製高速無線LANを搭載

レビュー
「Critea VF-HEK」は、一般用途向けスタンダードノートとしては、ハイスペックとなるCore i7-7500U、GeForce 940MXを搭載します。

PCゲームや動画編集など、重たい処理をしないなら、10万円程度で必要十分な性能を実現出来ます。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチ/シングル)
Core i7-7700HQ 4コア8スレッド/2.8-3.8GHz:約735/155
Core i7-7500U 2コア4スレッド/2.7-3.5GHz:約340/140
Core i5-7200U 2コア4スレッド/2.5-3.1GHz:約325/125

GPU性能比較(3DMark Fire Strike Graphics)
NVIDIA GeForce GTX1060:約11,500
NVIDIA GeForce 940MX:約1,700
Intel HD Graphics 620 (Core i7-7500U):約900

詳細・購入はこちら
Critea VF-HEK
(第7世代Core・GeForce 940MX搭載モデル)
続きを読む

ドスパラ、第7世代Core i7-7500U/i3-7100U搭載ベーシックノートPC「Critea DX-K」 

ドスパラは、ノートパソコン「Critea DX-K」を発売します。
特徴
・アルミ調の天板を組み合わせた落ち着いたデザイン
・高速なM.2 SSDと最大2TBのHDDを同時に搭載可能
・Intel製最新CPUの安定したパワー
・必要最低限の4GBメモリを標準搭載

レビュー
「Critea DX-K」は、大手メーカーPCで主力の「Uプロセッサ」を搭載する、ベーシックなノートPCです。

ハイスペックなCore i7モデルと、ベーシックなCore i3モデルから、選択できます。

CPU性能比較(Cinebench R10 マルチコア/シングルコア)
第7世代Core i7-7500U 2コア4スレッド/最大3.5GHz/:約12000/5600
第7世代Core i5-7200U 2コア4スレッド/最大3.1GHz:約11000/5000
第7世代Core i3-7100U 2コア4スレッド/2.4GHz:約9000/3900

2017年4月時点では、低解像度となる「1366×768ドット」液晶となっています。

詳細・購入はこちら
Critea DX-K H7(Core i7-7500Uモデル)
Critea DX-K H3(Core i3-7100Uモデル)
続きを読む

ドスパラ、フルHD液晶×Core i3-6100U搭載スタンダードノートPC「Critea DX11-F3」 

ドスパラは、ノートパソコン「Critea DX11-F3」を発売します。

Critea DX11-F3
特徴
・カスタマイズでM.2 SSDと最大2TBのHDDを、同時に搭載可能
・優れた性能と省電力性、第6世代インテルCore i3-6100Uを搭載
・気軽にいつでも使える、幅38.0cm、奥行き26.0cmのコンパクト筐体
・シンプルな筐体に、精悍なアルミ調の天板を組み合わせた落ち着いたデザイン
・さらに活躍の場を拡げる、多彩な拡張端子群を搭載
・9種類のメディアの書込に対応するDVDスーパーマルチドライブを搭載

レビュー
「DX11-F3」は、必要十分で無難な「Core i3-6100U」に、スタンダードな「フルHD」液晶を搭載する、低価格スタンダードノートです。

なお、前モデルの「DX10」は、光沢(グレア)液晶でしたが、「DX11」は、BTOメーカーで一般的な『非光沢(ノングレア)液晶』となっています。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア/シングルコア)
第6世代Core i7-6500U 2コア4スレッド/最大3.1GHz/4MBキャッシュ:約310/130
第6世代Core i3-6100U 2コア4スレッド/2.3GHz/3MBキャッシュ:約250/100
(第6世代)Celeron 3855U 2コア2スレッド/1.6GHz/2MBキャッシュ:約130/70

詳細・購入はこちら
Critea DX11-F3
続きを読む

ドスパラ、第6世代Core i7-6500U×HD液晶搭載7万円台ベーシックノートPC「Critea DX11-H7」 

ドスパラは、ノートパソコン「Critea DX11-H7」を発売します。

Critea DX11-H7
(第6世代Core・インテルHDモデル)
特徴
・カスタマイズでM.2 SSDと最大2TBのHDDを、同時に搭載可能
・高い性能と省電力性、第6世代インテルCore i7-6500Uを搭載
・気軽にいつでも使える、幅38.0cm、奥行き26.0cmのコンパクト筐体
・シンプルな筐体に、精悍なアルミ調の天板を組み合わせた落ち着いたデザイン
・さらに活躍の場を拡げる、多彩な拡張端子群を搭載
・9種類のメディアの書込に対応するDVDスーパーマルチドライブを搭載

レビュー
2016年7月発表「DX11-H7」は、2コアの上位Core i7-6500U、CPU内蔵のインテルHDグラフィックス520、HD(1366×768ドット)液晶を搭載する、7万円台からのベーシックノートPCです。

なお、前モデルの「DX10」は、光沢(グレア)液晶でしたが、「DX11-H7」は、BTOメーカーで一般的な『非光沢(ノングレア)液晶』となっています。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア/シングルコア)
第6世代Core i7-6700HQ 4コア8スレッド/最大3.5GHz/6MBキャッシュ:約675/145
第6世代Core i7-6500U 2コア4スレッド/最大3.1GHz/4MBキャッシュ:約310/130
第6世代Core i5-6200U 2コア4スレッド/最大2.8GHz/3MBキャッシュ:約280/115

GPU性能比較(3DMark11 P GPU)
NVIDIA GeForce 940M:約2400
Intel HD Graphics 520(第6世代Core i7-6500U):約1290
Intel HD Graphics 5500(第5世代Core i7-5500U):約980

詳細・購入はこちら
Critea DX11-H7
(第6世代Core・インテルHDモデル)
続きを読む

ドスパラ、ワンランク上の2コアCore i7-6500U×GeForce 940M搭載ノートパソコン「Critea VF-HE11」 

ドスパラは、ノートパソコン「Critea VF-HE11」を発売します。

Critea VF-HE11
(第6世代Core・GeForce 940Mモデル)
特徴
・カスタマイズでM.2 SSDと最大2TBのHDDを、同時に搭載可能
・高い性能と省電力性、第6世代インテルCore i7-6500Uを搭載
・より効率的な描画を可能にした、NVIDIA GeForce 940Mを搭載
・気軽にいつでも使える、幅38.0cm、奥行き26.0cmのコンパクト筐体
・さらに活躍の場を拡げる、多彩な拡張端子群を搭載
・9種類のメディアの書込に対応するDVDスーパーマルチドライブを搭載

レビュー
2016年7月発表「VF-HE11」は、2コアの上位Core i7-6500U、エントリーミドルGeForce 940M、主流のフルHD液晶を搭載し、10万円未満を魅力とする、ワンランク上の『スタンダードノートPC』です。

『PCゲーム』や『動画エンコード』などには適しませんが、ネットやSNS、Office、ネット動画再生など、一般用途では十分な性能を確保しています。
関連:GALLERIA QSF960HE(4コアCPU+GeForce GTX960M搭載ゲームノート)

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア/シングルコア)
第6世代Core i7-6700HQ 4コア8スレッド/最大3.5GHz/6MBキャッシュ:約675/145
第6世代Core i7-6500U 2コア4スレッド/最大3.1GHz/4MBキャッシュ:約310/130
第6世代Core i5-6200U 2コア4スレッド/最大2.8GHz/3MBキャッシュ:約280/115

GPU性能比較(3DMark11 P GPU)
GeForce GTX960M:約5400
GeForce 940M:約2400
Intel HD Graphics 520(第6世代Core i7-6500U):約1290

詳細・購入はこちら
Critea VF-HE11
(第6世代Core・GeForce 940Mモデル)
続きを読む

ドスパラ、省電力版第6世代Core i3-6100U搭載スタンダードノートPC「Critea DX10」 

ドスパラは、ノートパソコン「Critea DX10」を発売します。

Critea DX10
(第6世代Core・インテルHDモデル)
特徴
・高い演算処理能力と省電力を両立、最新の第6世代Core i3-6100Uを搭載
・気軽にいつでもどこでも使える、コンパクトな15インチサイズ筐体を採用
・USB3.0ポート、HDMI出力、有線Gigabit-LAN端子などを搭載
・9種類のメディアの書込に対応するDVDスーパーマルチドライブを搭載
・超低消費電力通信規格のBluetooth 4.0を搭載
・わずか数秒でWindows 10 が起動する「高速ブート(Fast Boot)」に完全対応

レビュー
「Critea DX10」は、2コア4スレッドでターボブースト非対応となる「Core i3-6100U」を搭載する、新ベーシックノートPCです。

そして、BTO系メーカーでは(映り込みが少ない)「非光沢」液晶が主流ですが、動画などに強い『光沢(グレア)』液晶であることが、選択する上でのポイントとなっています。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア/シングルコア)
第6世代Core i5-6200U 2コア4スレッド/最大2.8GHz/3MBキャッシュ:約280/115
第6世代Core i3-6100U 2コア4スレッド/2.3GHz/3MBキャッシュ:約250/100
(第6世代)Pentium 4405U 2コア4スレッド/2.1GHz/2MBキャッシュ:約225/90

詳細・購入はこちら
Critea DX10
(第6世代Core・インテルHDモデル)
続きを読む

ドスパラ、あえてWindows7新搭載スタンダードノートPC「Critea DX10 Windows 7 モデル」 

ドスパラは、ノートパソコン「Critea DX10 Windows 7 モデル」を発売します。

Critea DX10 Windows 7 モデル
(第6世代Core・インテルHDモデル)
Windows7モデルの特徴
・Windows 7 Professional 64bitをインストール
・優れた性能と省電力性を実現、最新の第6世代Core i3-6100Uを搭載
・気軽にいつでもどこでも使える、コンパクトな15インチサイズ筐体を採用
・USB3.0ポート、HDMI出力、有線Gigabit-LAN端子などを搭載
・9種類のメディアの書込に対応するDVDスーパーマルチドライブを搭載
・超低消費電力通信規格のBluetooth 4.0を搭載

レビュー
2015年9月発売「Critea DX10」は、「第6世代Core(Skylake)」から、2コア4スレッドでターボブースト非対応となる「Core i3-6100U」を標準搭載する、新スタンダードノートPCです。

CPU性能比較:Cinebench R15
第6世代Core i3-6100U 2コア4スレッド/2.3GHz/HD520:約230
第5世代Core i3-5005U 2コア4スレッド/2.0GHz/HD5500:約210

GPU性能比較(3DMark11 P GPU)
Intel HD Graphics 520(Core i7-6500U):約1320
Intel HD Graphics 5500(Core i7-5500U):約980

Windows7モデルが、発売開始
2016年1月より、Windows10はまだ早いと言う方向けに、「Windows 7 Professional」搭載モデルが、新たに発売されます。

なお、評価こそ高いものの、さすがに古すぎるため、最新の「第6世代Core」が、本来の力を発揮することは出来ません。

詳細・購入はこちら
Critea DX10 Windows 7 モデル
(第6世代Core・インテルHDモデル)
続きを読む

ドスパラ、Core i3-6100U・SSD標準搭載スタンダードノートPC「Critea DX10 SSDモデル」 

ドスパラは、ノートパソコン「Critea DX10 SSDモデル」を発売します。

Critea DX10 SSD
(第6世代Core・インテルHDモデル)
特徴
・高い演算処理能力と省電力を両立、最新の第6世代Core i3-6100Uを搭載
・気軽にいつでもどこでも使える、コンパクトな15インチサイズ筐体を採用
・USB3.0ポート、HDMI出力、有線Gigabit-LAN端子などを搭載
・9種類のメディアの書込に対応するDVDスーパーマルチドライブを搭載
・超低消費電力通信規格のBluetooth 4.0を搭載
・わずか数秒でWindows 10 が起動する「高速ブート(Fast Boot)」に完全対応

レビュー
2015年9月発売「Critea DX10」は、同月発表の「第6世代Core(Skylake)」から、2コア4スレッドでターボブースト非対応となる「Core i3-6100U」を標準搭載する、新スタンダードノートPCです。

第6世代Coreでは、内蔵グラフィックス(GPU)が大幅に強化されています。

CPU性能比較:Cinebench R15
第6世代Core i3-6100U 2コア4スレッド/2.3GHz/HD520:約230
第5世代Core i3-5005U 2コア4スレッド/2.0GHz/HD5500:約210

GPU性能比較(3DMark11 P GPU)
Intel HD Graphics 520(第6世代Core):約1320
Intel HD Graphics 5500(第5世代Core):約980

そして、BTO系メーカーでは(映り込みが少ない)「非光沢」液晶が主流ですが、動画などに強い『光沢(グレア)』液晶であることが、選択する上でのポイントとなっています。

「SSD搭載モデル」は、HDD特有の遅さが皆無となる「M.2接続2280」の120GB SSDを、標準搭載するモデルです。

詳細・購入はこちら
Critea DX10 SSD
(第6世代Core・インテルHDモデル)
続きを読む

ドスパラ、高い省電力性第6世代Core i7-6500U・GeForce 940M搭載薄型ノートPC「Critea VF-HE10」 

ドスパラは、ノートパソコン「Critea VF-HE10」を発売します。

Critea VF-HE10
(第6世代Core・GeForce 940Mモデル)
特徴
・高い演算処理能力と省電力性「第6世代インテルCore i7-6500U」を搭載
・Maxwellコア採用グラフィックス「NVIDIA GeForce 940M」を搭載
・作業効率を高める「非光沢フルHD(1920×1080ドット)液晶」を搭載
・USB2.0に加え、最大5Gbpsの転送速度を持つUSB3.0を搭載
・DVDスーパーマルチドライブを搭載
・HDMI端子やD-sub端子など、外部出力端子を搭載

レビュー
2015年10月発表の「VF-HE10」は、第6世代Core i7に、GeForce 940M、DVDスーパーマルチドライブを搭載する、ワンランク上のスタンダードノートPCです。

CPUに、省電力なTDP15Wの2コア「Core i7-6500U」を搭載し、省電力性や本体の薄型化を実現しています。

CPU性能比較:Cinebench R15
第6世代Core i7-6500U 2コア4スレッド/最大3.1GHz/HD520:約320
第5世代Core i7-5500U 2コア4スレッド/最大3.0GHz/HD5500:約300

GPU性能比較(3DMark11 P GPU)
GeForce 940M:約2400
Intel HD Graphics 520(Core i7-6500U):約1320
Intel HD Graphics 5500(Core i7-5500U):約980

詳細・購入はこちら
Critea VF-HE10
(第6世代Core・GeForce 940Mモデル)
続きを読む

ドスパラ、強化された第6世代Core i3-6100U搭載スタンダードノートPC「Critea DX10」 

ドスパラは、ノートパソコン「Critea DX10」を発売します。

Critea DX10
特徴
・高い演算処理能力と省電力を両立、最新の第6世代Core i3-6100Uを搭載
・気軽にいつでもどこでも使える、コンパクトな15インチサイズ筐体を採用
・USB3.0ポート、HDMI出力、有線Gigabit-LAN端子などを搭載
・9種類のメディアの書込に対応するDVDスーパーマルチドライブを搭載
・超低消費電力通信規格のBluetooth 4.0を搭載
・わずか数秒でWindows 10 が起動する「高速ブート(Fast Boot)」に完全対応

レビュー
2015年9月発売「Critea DX10」は、同月発表の「第6世代Core(Skylake)」から、2コア4スレッドでターボブースト非対応となる「Core i3-6100U」を標準搭載する、新スタンダードノートPCです。

第6世代Coreでは、内蔵グラフィックス(GPU)が大幅に強化され、
「第6世代Core(i5-6200U)」は、2010年の第1世代「Core(i5-520UM)」に対し、最大2.5倍の高速パフォーマンス、最大30倍のグラフィックス向上、最大3倍のバッテリー持続時間を実現しています。

そして、BTO系メーカーでは(映り込みが少ない)「非光沢」液晶が主流ですが、動画などに強い『光沢(グレア)』液晶であることが、選択する上でのポイントとなっています。

詳細・購入はこちら
Critea DX10

関連リンク
ドスパラ 最新モデル一覧

ドスパラ、最先端第6世代Core i3-6100U搭載ノートパソコン「Critea DX10」 

ドスパラは、ノートパソコン「Critea DX10」を発売します。

Critea DX10
(第6世代Core搭載スタンダードノート)
特徴
・最新の第6世代 インテル Core i3 プロセッサー「Skylake」を搭載
・インテル ハイパースレッディングテクノロジーによる最大4スレッドの同時並行処理
・グラフィックス機能も前世代にくらべて大幅に強化
・TDPわずか15Wの超省電力CPUを採用し、大幅に消費電力を抑えることが可能
・キーボードやタッチパッドは、打ちやすく、操作しやすいように設計
・コンパクトな筐体に多数の拡張端子を搭載

レビュー
2015年9月2日発表の「DX10」は、同日10:00販売解禁の新世代CPU「第6世代Core(Skylake-U)」から、下位の「Core i3-6100U」をいち早く搭載する、新スタンダードノートPCです。

第6世代Core(i5-6200U)は、2010年発売の『初代Core(i5-520UM)』に対し、
最大2.5倍の高速パフォーマンス、最大30倍のグラフィックス向上、最大3倍のバッテリー持続時間を実現しています。

詳細・購入はこちら
Critea DX10

関連リンク
ドスパラ 最新モデル一覧

ドスパラ、Windows 10×第5世代Core i7(Broadwell)搭載スタンダードノートPC「Critea VF-HE5」 

ドスパラは、ノートパソコン「Critea VF-HE5」を発売します。

Critea VF-HE5 Windows 10 モデル
続きを読む

ドスパラ、新世代Windows 10×第4世代Core i3-4100Mで6万円台ノートPC「Critea DX4 Windows 10 モデル」 

ドスパラは、ノートパソコン「Critea DX4 Windows 10 モデル」を発売します。

Critea DX4 Windows 10 モデル
続きを読む

ドスパラ、新世代Windows 10×4コアCore i7-4712MQ搭載ノートパソコン「Critea DX4 Windows 10 Core i7-4712MQ搭載」 

ドスパラは、ノートパソコン「Critea DX4 Windows 10 Core i7-4712MQ搭載」を発売します。

Critea DX4 Windows 10 Core i7-4712MQ搭載
続きを読む

ドスパラ、省電力×高性能・第5世代Core i7-5500U搭載スタンダードノートPC「Critea VF-HE5」 

ドスパラは、ノートパソコン「Critea VF-HE5」を発売します。

Critea VF-HE5
(第5世代Core搭載スタンダードノート)
続きを読む

ドスパラ、光沢(グレア)採用15型ベーシックノート「Critea DX4(2015春夏PC)」 

ドスパラは、ノートパソコン「Critea DX4」を発売します。

Critea DX4
続きを読む

ドスパラ、15型スタンダードノートパソコン「Critea VH-AE(2015春PC)」 

ドスパラは、ノートパソコン「Critea VH-AE(2015春PC)」を発売します。

Critea VH-AE
続きを読む

ドスパラ、フルHD液晶搭載15型ベーシックノート「Critea DX4 FHD(2015春PC)」 

ドスパラは、ノートパソコン「Critea DX4 FHD(2015春PC)」を発売します。

Critea DX4 FHD
続きを読む

ドスパラ、新世代超高速SSD搭載薄型ノートPC「Critea VF-HE3(2014年秋冬パソコン)」 

ドスパラは、ノートパソコン「Critea VF-HE3」を発売します。

Critea VF-HE3

Critea VF-HE3の特徴
・新世代「M.2」規格対応の128GB SSDを2基、RAID 0(ストライピング)構成で搭載
・ブルーのバックライトを搭載した、19mmピッチの打ちやすいキーボードを搭載
・高性能CPUと高性能グラフィックスを搭載しつつ、20mmのスリムな薄型ボディー
・最新ハイエンドCPU「第4世代インテルCore i7-4710HQプロセッサー」を標準搭載
・最新テクノロジーに対応、高性能グラフィックス「GeForce GTX 860M」を搭載
・安定した動作を実現できる冷却機構を、内部配置の工夫により実現

レビュー
15.6インチ液晶を搭載するノートパソコンです。

2014年9月11日発表の「Critea VF-HE3」は、新世代規格「M.2」対応の128GB SSD RAID0構成により、リード1000MB/s、ライト700MB/sを実現しています。

そして、20mmの薄型ボディーに、4コア/8スレッドが魅力となる「Core i7-4710HQ」と、ミドルハイクラス「GeForce GTX860M」を搭載します。



また、薄型・軽量ボディーながら、1TB HDD、USB3.0×3、HDMI出力、Mini-Display Port、SDカードリーダー、 1000BASE-T対応有線LANなどを、標準搭載します。
11ac対応の無線LANや、Bluetoothも標準搭載します。

ただ、「光学ドライブ」は非搭載となるため、DVDやCDを使用する場合は、外付けの光学ドライブ(別売り)が必要となります。

詳細・購入はこちら
Critea VF-HE3

ドスパラ、GeForce 840M(Maxwell)搭載ノートパソコン「Critea VF-HE2」 

ドスパラは、ノートパソコン「Critea VF-HE2」を発売します。

Critea VF-HE2
(上位GeForce 840M搭載モデル)

Critea VF-HE2の特徴
・気軽にいつでもどこでも使える、コンパクトな15インチサイズ筐体
・キーボードやタッチパッドは、打ちやすく、操作しやすいように設計
・筐体もシンプルで素朴なデザインで、落ち着いたルックス仕上げ
・最新プロセッサー「第4世代 インテル Core プロセッサー」を搭載
・Maxwellアーキテクチャ採用、最新世代グラフィックス「GeForce 840M」を搭載
・Bluetooth、HDMI、IEEE 802.11b/g/nを搭載

レビュー
15.6インチ液晶を搭載するノートパソコンです。

VF-HE2は、新世代Maxwellアーキテクチャ採用「GeForce 840M」を搭載するモデルです。
性能比較では、Intel HDグラフィックス4400(第4世代Core・Haswell世代)比で、5倍の性能を実現し、HD動画再生、高解像度の画像などで、快適に高画質で行う事が可能です。



2014年秋冬では、10月17日販売開始の最新版「Microsoft Office Premium プラス Office 365 サービス」を、選択できます。
最新「Office Premium」では、従来は『有償』だった、最新バージョンへのアップデートが『永続無償』となっています。

詳細・購入はこちら
Critea VF-HE2
(上位GeForce 840M搭載モデル)
続きを読む